パワースポットや神社での最善のマナーとは

>

パワースポットや神社の参拝方法は

パワースポットからのご利益

まず、パワースポットについてです。

パワースポットとは大地のパワーやエネルギーがあふれているところをさします。
それを、人は、神聖なものとして、神社や仏閣を建てたと言われています。
土地的に立てられない場所もあったでしょうが、それはそれとしてです。

パワースポットには「気持ちが落ち着く」「やる気が出る」などいろいろなご利益に預かれます。
このご利益を最大限に受けるには雑念を払うことです。
あまりネガティブなことを考えず、心に雑念を持たないでいるとよいパワーが賜れます。

雑念とはいわば欲です。
ああしたい、こうしたい、ああなりたい、こうなりたいというよくが大地のパワーをさえぎるのです。
大地のパワーの恩恵にあつかりたいと思うのならば、自然に身を任せることも大事です。

やってはいけないこと

パワースポットにて心がけること。

パワースポットに限りませんが、自然を汚さないことです。
ごみを持ち帰るのは勿論、気の枝を折ったり、花を摘んだりしてはいけません。
パワースポットとは言わば大地からの、自然からの賜りものです。
それを壊したり、汚したりしてはいけません。

また、パワースポットに出向く際は事前の下調べも必要です。
写真を撮っても良いところなのか、礼拝の作法、宗教上の礼儀作法なども調べておく必要があります。
さらに、そこではどのようなエネルギーをわけていただけるのかも調査しておきましょう。

その場所に礼儀と敬意をはらうことでその場所からのエネルギーをわけてもらえるのです。
エネルギーを分けてもらっているという謙虚な気持ちが一番大切ですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る