パワースポットや神社での最善のマナーとは

>

パワースポットにある神社とは

パワースポットに建つ神社

パワースポットの上に建つ神社についてです。

パワースポットの上には神社などが建てられることが多く、人々の信仰の的とされてきました。
大地のエネルギーを神様だとしてあがめてきたのです。
よって、その神社にまつられる神様はそれぞれ違います。
ですからその神様に会ったお参りの仕方が必要です。

よく、神社でご神木ってみますよね?
あれも、大地のパワーを授かって育った木なのです。
ですからご神木には大地のエネルギーが詰まっています。
エネルギーの詰まっている神々しい木だからご神木なのです。
ご神木にも失礼なことはできません。
欲を持ち、枝などを折ってしまった日には大きな罰が当たるでしょう。

パワースポットとされる神社でもそうでなくても失礼なことをするといずれ自分に返ってきます。

煩悩に負けない

パワースポットと言っても神社は神社です。
ちゃんと神様を敬う気持ちが大切です。

神様を敬うことは、これすなわち自然と自分を大切にすることです。
ここで、何故自分が出てくるのかというとそれは欲です。
人間は煩悩の塊な生き物です。
煩悩にとらわれてしまうと自分に利益や損を考えるようになり周りが見えなくなって迷惑をかけてしまいます。
人を思いやれなくなるとその行いは必ず自分に返ってきます。
人を思いやることは自分を思いやることです。

そのためには煩悩に支配されず、堅実で誠実な人生を歩むことです。
煩悩は人間の気持ちの隙間を狙って増幅します。
それに負けてしまったらいくら自然のパワーであっても救済は不可能なのです。
人のあるべき姿で参拝したいですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る