パワースポットや神社での最善のマナーとは

>

誰にでもできる神社の参拝方法

神社で守るべきマナー

では、ここで神社での一般的な参拝の仕方についてご説明します。

まず、鳥居をくぐる前に一礼します。

そして、真ん中は神様のとる道です。
参拝者は真ん中をあけてはじを通りましょう。

次は御手洗(みたらし)です。
文字通り手を洗うのですが洗いかたがあります。
まず、右手でひしゃくを持ちます。
そのひしゃくで水をすくい左手を洗います。
次は左手にひしゃくを持ち換えて右手を洗います。
また、右手にひしゃくを持ちます。
左手をおわんじょうにしてひしゃくで水をそそぎ入れます。
その水で口をゆすぎます。
ひしゃくを元に戻して終わりです。

これには、物理的な汚れではなく外科医のけがれを落とすという意味を持ちます。
神様に会いに行くのですからけがれたままではいけませんからね。

神社での作法

社の目の前には大きな鈴がありますね。
一説には神様を呼び出すためのものと言う話があります。
ですが、実際は魔を払うためという説もあります。
魔を払うことにより神様とコンタクトが取れる状態にします。
神様と話せるようにするのですから神様を呼び出すという考えもあながち間違えではありませんね。
ちなみに混んでる時は鈴を鳴らすことにこだわらなくてもよいでしょう。

次はよく言二礼二拍手一礼です。
社に向かい軽く一礼します。
お賽銭を置くようにいれて鈴を鳴らします。
深く二礼し、二回拍手をします。
深く一礼し、最後に軽くお辞儀をします。

鳥居をたらまた一礼して終了です。

ちなみに神社によっては参拝の仕方が書いてあるところもあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る